• O邸訪問

    今年の夏、お引き渡しさせていただいた黒瀬のO邸
    ちょうど、一週間前に訪問させていただいた写真、クリスマスアップです。

    以前から奥さん所有のアンティーク家具も、シックリ馴染んでいます。

    ブライダルのフラワーアレンジメントなどのお仕事をされていた奥さん
    テーブルコーディネイトやクリスマスツリー、まったくもってかなり素敵でした。(どんな言い回し?)

    陰影のある照明の中にキャンドルがバランスよく、そしてモダンファニチャーコレクション

    そして、ご夫婦共通の趣味でもあるワインを飲みながら
    真夏から真冬の約半年という居住期間でありながらも
    住空間の快適性を充分に実感していただいているご様子
    改めて安心しました。

    出会った頃は、まだ赤ちゃんだったR君(赤い服で素足)も早や3歳、
    かなり会話も成立するようになり、色白で妖精のようです。

    幼少の時期、このような環境で育つと、
    どのような影響があるのかR君の今後も楽しみです。

    あまり知られていないようですが10月に亡くなられたスティーブ ジョブスも幼少時期に
    アイクラーホームズ(ポストアンドビームという構造美を生かしたデザイン性の高い住宅)
    に住んでいたらしいのだが、決して偶然ではないだろうデザインに対しての半端なき追求

    「三つ子の魂百まで」ということわざは、しつけなど子育てに関することですが
    育った環境が及ぼす影響もかなり大きいのではと思います。

    そこで、お一つ 
    ことわざ作ってみました
       「三つ子の環境孫までハッピー」
    幼少期に本物で普遍的デザインに触れる→偽物に惑わされることなく無駄な増築をしない
         →良品を永く使うエコな人→貯蓄できる
             →家のローンがないので北欧のように船が持てる(豊かな暮らし)
                 →孫にも引き継ぐ
                       →ハッピー


    「遠くの親戚より近くの他人」といわけで (ことわざが多い今日の文章)
    Hさん(黒瀬で唯一のOB宅 築5年目)やNさん(八本松の夏入居のOB宅)もご紹介

    Oさん、お招きいただき楽しい時間を、ありがとうございました。

    2011年 12月 25日 日

     
  • BLOG TOP

  • あたたかな北欧住宅の暮らし方

    AITOHUS|アイトフース
    www.aitohus.com

  • 長く付き合う北欧ライフストア

    AITOLIV|アイトリブ
    www.aitoliv.com

  • SNS

  • NEWS

  • 最近の投稿

  • ARCHIVES

  • CATEGORY

  • アイトフース株式会社
    〒731-3167
    広島市安佐南区大塚西6-6-1
    TEL:082-849-4525
    FAX:082-849-4526
    EMAIL:info@aitohus.com
    URL:www.aitohus.com
    Facebook:nishie3869