• Louisiana Museum of Modern Art


    ルイジアナ現代美術館
    1958年クヌード・イェンセンによって開設されたこの美術館は
    1950年以降の現代美術のコレクションと展示では世界のトップクラス
    との評価を受けているそうです。

    確かに企画展のインスタレーションはすばらしい。「はっと」思わせる
    粋な手法が多く、それを見るのも楽しみの一つ。

    「粋」という表現ができるのは唯一、北欧特に日本の影響を大に受けている
    デンマークならではかもしれません。


    厳島神社を思い浮かべながらエントランスから続く長い回廊を経て
    この二層空間にたどり着く

    窓の外には、程よい大きさの池があり
    窓というフレームで美しくトリミングされている。

    窓から取込んだ自然という作品は何とも偉大。
    その作品を含むと空間のボリュームと
    ジャコメッティの作品数は少なめがベストなのでしょう。


    子供の為のワークショップスペースが多く取られて
    多くの子供たちが工作や絵、レゴなどで楽しそうに遊んでいる。

    ヨーロッパの美術館はベビーカーや小さな子供連れの多いのに驚くけれど
    この美術館は特に多い。

    この滑り台は15mぐらいありそう、二階建の住宅の屋根から滑り降りる感じ
    しかも急こう配で面白そう。

    自然を無理なく残しながらの滑り台というところが魅力なのだろう
    特に池に向って滑り降りるのがいいのかも

    自然の力はアートにも遊具にも生かすことができる。


    この美術館の魅力の一つがルイジアナ・カフェ

    最近始めたビュッフェの評判が良いらしいが
    他を見てる間に時間切れ……………。


    少し前の、CASA BRUTUSにも世界中の美術館のカフェで
    最もすばらしいと評されていました。

    インテリアは北欧らしい木の使い方
    そして、洋服や人がやたらと映える

    住空間も同じ考え方、住まう人が選んだ絵や雑貨
    家具備品などが映える、その住まい手らしさがでる空間

    もちろん、住まう人が主役なのだから………..


    既に日本の11月初旬の気候


    ここにくると美術鑑賞が目的なのか
    美術館に来ることが目的なのか
    わからなくなる居心地の良い場所。

    これだけ質の高いアートがありながら

    自然の偉大さを感じる美術館だ。


    カフェテラスから海の方に降り、中庭に向う途中の風景

    10㎝ぐらいの厚みのある鉄板をパーティーションにしている。

    造り込み過ぎない自然さがここち良いのだろう。


    中庭とエントランスへ向っての小道からの風景

    こちらも一見、手を加えていないように造られた庭

    デンマークの人たちにも愛され、何度でも訪れたくなるこの美術館の魅力は
    どこまでも自然であること、自然に溶け込む建築でありアートであること

    想像よりは四季がはっきりしている自然の変化も
    日本のように楽しめる

    日本の影響、厳島神社の影響を受けているこの美術館
    親しみが湧かないはずはない。

    2012年 9月 29日 土

     
  • BLOG TOP

  • あたたかな北欧住宅の暮らし方

    AITOHUS|アイトフース
    www.aitohus.com

  • 長く付き合う北欧ライフストア

    AITOLIV|アイトリブ
    www.aitoliv.com

  • SNS

  • NEWS

  • 最近の投稿

  • ARCHIVES

  • CATEGORY

  • アイトフース株式会社
    〒731-3167
    広島市安佐南区大塚西6-6-1
    TEL:082-849-4525
    FAX:082-849-4526
    EMAIL:info@aitohus.com
    URL:www.aitohus.com
    Facebook:nishie3869