• VERYGRAY

    P1010702
    ウォームグレイの塗壁に
    木製サッシ(黄色っぽい白塗装)で塗装が映える
    牛田のK邸のお引渡しが行われました。

    熟練した左官職人が、左官コテで丁寧に塗った外壁

    「いかにも」といったコテムラをつけた塗り方でなく
    フラットに仕上げつつ
    微妙なムラがつくように仕上げてもらっています。
    これは、簡単なようで難しい……..ニュアンスが伝わり難く、
    フラットに仕上げることの方が手間がかかるからです。

    天候や光の変化で微妙に変化して見えるのがとても美しい。
    変化して見えるということは飽きない?
    ………………少なくても飽き難いということ。
    そんな小さなことの積み重ねが、
    「愛着の湧く住まい」となると強く信じています。
    もう一手間、一手間が料理を美味しく、また食べたいと思わせるように……

    とにもかくにも最近知ったデンマークのデザイナーの印象的な造語
    これはまさしく「VERYGRAY」?と呼ぶにふさわしい。

    P1010707
    北東に位置する玄関ホール

    素材は違えど内壁も外壁と同じ考え方のテクスチャー(仕上げ)になっています。
    階段2階の窓から朝日が差込み、
    階段ごしに光と影が美しく床や壁に変化を与える。

    ただ、広く見せるだけではなく光も美しく見せる階段
    ストリップ階段にする意味……..大ありです。

    そして、階段下には自転車もディスプレイできるし
    階段踏板の適切な高さに、コートフックを取付けるのも良い

    少し大きめの玄関ホールは、フレキシブルに使用できそう。

    P1010725

    南側の大きな地窓は内外の繋がりをつくる為

    これからは、キッチンやダイニングからの見え方を配慮した庭が楽しみだ。
    (ソフトなプレッシャー?)

    P1010736

    Kさんは畳に布団という和スタイル

    メリットは当然、落ちない安心感
    発展的に考えると畳全体が大きなベットになるということ
    それならば、ベッドヘッドならぬ畳ヘッドが必要というわけで
    茶室の低い位置の壁に貼られた鳥の子和紙の様に、シナ材を貼りつけてみました。
    布団を壁に着けてベッドのように枕を斜めに使ったり、枕2個重ねも容易。

    これに、両サイドに低いスタンドを置けば、
    見た目かなり「ベッド化」というか「空間が一体化」します。

    寝室は来客などの人目に触れないせいか
    拘る施主さんは、殆どいらっしゃいません。
    しかし、費用をかけずとも、快適になる工夫は多い
    人は人生の約30%は睡眠に費やしているようですし、
    眠りにつきやすい照明計画やベッドを基準としたスイッチの位置など
    考慮すべき点は多い。

    単に施主さんからの要望(夢)を伺い、それを形にすること
    それは本当の仕事ではないと思うのです。
    施主さん自身、どうしたら(要望)家族の為になるのか、自分らしいのか
    何が良いのか解らないというのがホンネでは?
    いざ、初めての住まいづくり…….当然表現力ありません
    それがあたりまえで普通です。

    「そうしたかったんだ」と気づく打合せの数々、
    完成して「こんな家が欲しかったんだと」喜んでいただくこと
    お住まいいただいた後の「設計配慮への気づき」からの満足感
    それが仕事……..これが大切。

    最後になりましたが
    ここ数年、熱心に完成見学会に通ってくださった施主のKさん
    誠にありがとうございました。(素材を生かした美味しいアップルパイも含めて)

    2013年 4月 29日 月

     
  • BLOG TOP

  • あたたかな北欧住宅の暮らし方

    AITOHUS|アイトフース
    www.aitohus.com

  • 長く付き合う北欧ライフストア

    AITOLIV|アイトリブ
    www.aitoliv.com

  • SNS

  • NEWS

  • 最近の投稿

  • ARCHIVES

  • CATEGORY

  • アイトフース株式会社
    〒731-3167
    広島市安佐南区大塚西6-6-1
    TEL:082-849-4525
    FAX:082-849-4526
    EMAIL:info@aitohus.com
    URL:www.aitohus.com
    Facebook:nishie3869