• 3軒目の住まい

    P1020718
    広島で3軒目に建築させていただいた M 邸ですが
    早いもので、今年で16年目を迎えられています。

    内装壁材のことで、お話をさせていただくため
    少しお邪魔させていただきました。

    玄関ドアの位置も、こちらのM邸で初めて
    ぐっと寄付き(奥まらせて)をとっていますが
    これは雨天時の使勝手や外観をシンプルに見せることが目的
    これは今も設計セオリーになっているほどです。

    窓がつけたくなるメイン道路側の正面ですが
    西日が強いので、無窓
    なので、洗濯物のドライスペースの縦スリット開口のみ
    思い切って設計していた部分でもあります。

    それを察して、Mさんがオリーブを植えられ
    大きく成長して、ちょうど良いアクセントに

    ウッドデッキを覆っているミモザやジャスミンは
    小さな植木からこんなにも大きく……
    西側のオリーブと共に、驚きの成長ぶりです。

    メインツリーなヤマボウシは、確か近くの植木屋さんで見つけて
    お奨めさせていただいたような……見れば見るほど懐かしい
    当時のことが蘇ってきます。

    IMG_5385
    当時、
    まだまだ、無垢材のフローリングも珍しく
    まだまだ、ペアガラスも木窓も珍しく
    まだまだ、内外壁、全て白い家も珍しく
    まだまだ、温水パネルの全館暖房も珍しく
    まだまだ、ドイツ製キッチンやオーブン、食器洗い機も珍しく

    現在、建築させていただいている住宅と比べても
    テイストはやや変化し、マイナーチェンジは繰り返してはいるものの
    基本的な部分や設計思想は変わっていません。

    当時、TVは薄型ではなかったので収納の中に入れて
    スライディングのドアで隠して、TV周辺をスッキリ
    そんなところが、時代を感じる部分でもありますが……

    スッキリと、Mさんらしい住まい方で
    「今でも飽きることなく十分気に入っています。」とおっしゃっていただき
    いつお会いしても、住まいへの愛着が伝わってくる。

    IMG_5396
    デンマーク製の玄関ドアは大きなガラスがついています。

    手違いで、現地に到着したのは透明ガラスでしたが
    寛大に、受け入れて下さって
    ご覧の通り、Mさんのアイデアで
    一枚の布が素敵なアクセントになり
    ドアクローザーも隠せてスッキリ「一粒で二度おいし~」というわけです。

    掲載されていた雑誌を書店で見つけて下さった息子さん(建築時は幼稚園児)
    も来年から社会人になるとのことで、年月を経る早さを実感してしまいます。

    そして当時は、創業して間もなく、私一人であったことなど考えると
    「本当によく任せて下さったな~」と 時間が経ってみると
    よけいに感謝の気持ちでいっぱいになりながら
    帰路に着くのでした。

    2013年 5月 25日 土

     
  • BLOG TOP

  • あたたかな北欧住宅の暮らし方

    AITOHUS|アイトフース
    www.aitohus.com

  • 長く付き合う北欧ライフストア

    AITOLIV|アイトリブ
    www.aitoliv.com

  • SNS

  • NEWS

  • 最近の投稿

  • ARCHIVES

  • CATEGORY

  • アイトフース株式会社
    〒731-3167
    広島市安佐南区大塚西6-6-1
    TEL:082-849-4525
    FAX:082-849-4526
    EMAIL:info@aitohus.com
    URL:www.aitohus.com
    Facebook:nishie3869