• 県北のM邸現場

    IMG_1911
    写真は3ヶ月程前、建て方工事が終り
    内部は、断熱工事や電気配線
    水道配管工事が控えている安芸高田市の現場

    この日は、現場・設計担当者と私で
    現場ミーティングです。

    目的は、図面だけでは
    気づき難い部分を見つける事、
    現場じゃないと気づかないアイデアや
    電気設備の位置、家具など
    計画している事の確認
    (大きさやデザイン)

    この時点迄に決めないと、後から
    こうした方が良いと思っても
    できることの可能性は少なくなります。
    下地の補強やコンセントやスイッチ
    照明などが関係してくるからです。

    IMG_2274
    先日、作業足場も取り除かれ
    光の加減でシャープにも見える
    焼杉の外壁が現れました。

    3〜5年後には光沢も減少し木目が浮き出て
    完成時よりシックリと良い感じに変化していきます。

    「木の外壁は、どれぐらい耐久性がありますか?」 
    と、よくご質問をいただくのですが

    現実、瀬戸内海地域には、30年以上を経た
    焼杉張りの古い家は珍しくありません。
    本物の自然素材は、色が落ちて劣化していても
    みすぼらしいというより、風格さえ感じる

    もちろん、人それぞれの主観的問題はあるのですが
    「色落ちや表面劣化で経年変化し、手放すことが
    できなくなる愛着あるジーンズのような感覚」
    というお話をよくします。

    外壁においても保護塗料の色が落ちて
    表面が劣化しているからスグに
    外壁材が腐るというものではありません。

    焼杉は表面を焼いていることで腐朽菌が繁殖しにくく
    板を縦張りにしていることで雨の多い日本では
    更に、耐久性が上がります。

    何年でメンテナンスが必要かは、
    人の感覚によるところが大きいかと思いますが
    窯業系サイディングより長く使用できる、
    使用したくなることは確かだと思います。

    最近、ソックリな板張り風の窯業系サイディングを
    良く見かけますが経年の結果は明解です。
    何故なら私は、ただ色褪せただけの
    みすぼらチックなソックリサイディングを
    何件か目のあたりに知っているからです。

    窯業系サイディングの主原料は、
    けい酸カルシウム板で、
    単体では水をよく吸う材料

    新築住宅の7~8割が窯業系サイディング
    を採用している現状ですが
    工期短縮や熟練工が不要なことなど
    施工者側の都合が主な採用理由………
    全てとは言いませんが
    住まう人の為にお奨めする建材ではないし
    日本の街並みを明らかに悪くしています。

    IMG_2266
    写真右はウォークインクローゼットは扉無し
    壁の上部もオープン

    左手のスリットは天井勾配に対して
    平行四辺形に切り取られ
    すぐ上にある天窓(電動開閉)から
    採光や通風をより良くしています。

    これらは現場ミーティングにより
    できたことです。より良くなると思えば
    こちらから施主さんに確認の上、変更します。

    IMG_2272
    敷地が広いため、大きな塀(パーティーション)
    を2カ所設けて、内部にデッキ、内外に植栽を植え
    外部からの視線を遮る計画としています。

    部屋の中から塀までの距離や高さは
    内側に植える植栽のボリュームなどを考慮し
    ソファや椅子に座っての庭の見え方なども
    確認しながら位置を決めていきます。

    庭との一体化は手間のかかるところ
    「そこまでするの?」と同業者には
    良く言われますが……営業活動しない分
    こんなところにも労力を割ける訳です。

    そんなところは
    住んでいただいてから、更に心地よさとして
    気づいていただけるところだと思うのです。

    2013年 8月 24日 土

     
  • BLOG TOP

  • あたたかな北欧住宅の暮らし方

    AITOHUS|アイトフース
    www.aitohus.com

  • 長く付き合う北欧ライフストア

    AITOLIV|アイトリブ
    www.aitoliv.com

  • SNS

  • NEWS

  • 最近の投稿

  • ARCHIVES

  • CATEGORY

  • アイトフース株式会社
    〒731-3167
    広島市安佐南区大塚西6-6-1
    TEL:082-849-4525
    FAX:082-849-4526
    EMAIL:info@aitohus.com
    URL:www.aitohus.com
    Facebook:nishie3869