• 気密という性能

    __ 1
    先日の完成見学会(東広島市)K邸の気密測定を
    行っている様子です。

    気密測定とは、建物の気密性能を実測する事を言い
    その結果は、C値(相当隙間面積)として表されます。

    簡単に言うと家の窓や玄関、換気扇などを
    閉じた状態の時に空気が出入する隙間が
    どれ程あるかを調べる作業です。

    数値(C値)は小さければ小さいほど
    隙間が少なく高性能という事になります。

    今回の測定では、C値0.3㎠/㎡ 
    述床約100㎡の住宅ですので
    はがき1/4程度の隙間ということになります。
    因みに世界で最高性能のドイツのパッシブハウス基準では
    C値0.2㎠/㎡以下 

    国内では、次世代省エネルギー基準から
    何故かC値の性能規定数値は撤廃され
    簡単な文章一行でお茶を濁している状態ですが
    撤廃前、広島のⅣ地域では 
    C値5.0以下というとんでもなく低レベルが基準でした。

    住まう人の快適さや省エネルギーに
    最も重要な基準がこのような状態なので
    寒くて暑い家が量産されるのも仕方がないこと
    量産ハウスメーカーのほとんどは苦手な分野
    太陽光発電や断熱材など
    大手企業と関連のある部分のみが
    強化されているのもおかしな話です
    建材メーカーと国の間に何か関係性があるのかなと
    ついつい考えてしまいます。

    __ 2
    これから、住まいづくりされる方は
    快適で省エネルギーな住まいにする為にも
    自ら勉強して、断熱気密性能については
    最低限の知識を押さえておきたいところです。

    「温暖な地域では気密や断熱はそこそこで良い」などと
    今だに平気で言っているような業者が多いのも事実ですが
    中途半端な断熱と気密性能ほど壁内結露の危険が大きくなります。

    高気密というだけで
    息苦しい感じがしますが気密性が高い住宅とは
    完全に密閉された空間というわけではありません。
    計画された位置に給気口を配置し、
    他に余計な隙間(空気や熱が漏れる隙間)が
    少ない住宅の事を指します。

    魔法瓶に例えると分かりやすいのですが、
    フタが緩んでいると熱湯も早く冷めます。

    家中に隙間があるのではなく、
    決まった位置に給気口として空気の道を作ることで
    室内環境のコントロールを容易にしているのです。
    ストローに無駄に穴があるとジュースが飲み難いのが
    分かりやすい例えかもしれません。

    住宅も同じで隙間が多いということは
    冷暖房をしても熱が逃げてしまい、
    エネルギー効率が悪くなってしまいますし
    品質の高い冷暖房にはなりません
    なので、気密性能は断熱性能
    と共にとても大切な性能値なのです。

    気密性能値を良くするという事
    これは、どこの会社よりも現場に足を運ぶ
    現場管理体制や現場担当者の能力
    「本当に快適で省エネルギーな住まいにしよう」
    という住まいづくりに関わる人の
    気持ちを表す数値でもあるのです。

    アイトフースの住まいづくりは、
    家事労働を大幅に軽減させる「機能性」
    涼温快適であるための「高性能」であること
    世代が代わっても取り壊されることなく
    住み継がれていくための普遍的な「デザイン性」

    それらを高いレベルでバランスよく兼ね備え
    「住まいを楽しむためのアイデア」
    がプラスされること、それが
    アイトフースの住まいづくりなのです。

    2014年 11月 18日 火

     
  • BLOG TOP

  • あたたかな北欧住宅の暮らし方

    AITOHUS|アイトフース
    www.aitohus.com

  • 長く付き合う北欧ライフストア

    AITOLIV|アイトリブ
    www.aitoliv.com

  • SNS

  • NEWS

  • 最近の投稿

  • ARCHIVES

  • CATEGORY

  • アイトフース株式会社
    〒731-3167
    広島市安佐南区大塚西6-6-1
    TEL:082-849-4525
    FAX:082-849-4526
    EMAIL:info@aitohus.com
    URL:www.aitohus.com
    Facebook:nishie3869