• アブラッシュな日々

    IMG_4262こころMHの番犬は
    手作業でミラーチップを石膏で固めた
    とてもリアルで、アブラッシュな
    仕上りになっています。

    「アブラッシュ」という言葉は、
    トルコ製ラグを扱いはじめて知ったのですが
    特にはトルコキリムの「手紡ぎ・草木染め・手織り」
    から生まれる風合い「テクスチャー」のこと

    意図的には不可能な手仕事ならではの
    予期できないグラデーション
    最近のトルコでも
    手仕事=アブラッシュ
    のように使われているようです。
    日本の民藝という言葉にも近いかもしれない。

    玄関の正面にある西側の窓から
    夕方の一瞬だけ西日が差し込み
    予期せぬクラッキングプリズム?

    当然、光はそれ自体目に見えないもので
    反射や影によりその存在を
    確認できるわけですが

    アブラッシュな仕上りが
    こんな思いがけない
    自然光のプリズムを生みだし
    空間に新鮮さを吹き込んでいます。

    照明計画によって、昼よりも夜の方が
    価値ある空間になると思い込んでいる
    私にとっては、新鮮な驚きでした。

    空間はそこに差し込む光があって
    はじめて認知の対象となるので
    光と建築は決して切り離なして
    考えることはできないわけです。

    IMG_6389GWのイベント「叢&モダンラグ展」の一コマ
    1年程前に建築いただいたHさんご家族も
    お越しいただきました。

    少し見ない間に
    すっかり男の子らしくなっています。

    オレンジのラグはトルコのオールド絨毯の
    パイルを削ぎ、染め直し
    モダンラグとして蘇らせたもの
    予期せぬアブラッシュな風合いに
    仕上がっています。

    P1110568
    テラスでは多肉植物たちが
    ここちよさそうです。
    日々、何か変化していて
    テラスの中にエネルギーを感じる。

    これは、天井から吊してモビールのように
    飾っています。
    昔、流行ったエアープランツの親玉です。

    こんな植物たちのお蔭で、新たなテラス空間の価値を
    みつけることができました。
    あまり手間もかからないのでお薦めです。

    P1110579
    仕事や経営にも変化が必要ですし、
    日々の暮らしにも変化が必要です。

    そう言えば
    見慣れてしまったY-チェアにも変化を、、、

    予期せぬ考えてもみなかったラグで
    変化球を投げてアブラッシュな日々を
    すごしてみませんか?

    2015年 5月 30日 土

     
  • BLOG TOP

  • あたたかな北欧住宅の暮らし方

    AITOHUS|アイトフース
    www.aitohus.com

  • 長く付き合う北欧ライフストア

    AITOLIV|アイトリブ
    www.aitoliv.com

  • SNS

  • NEWS

  • 最近の投稿

  • ARCHIVES

  • CATEGORY

  • アイトフース株式会社
    〒731-3167
    広島市安佐南区大塚西6-6-1
    TEL:082-849-4525
    FAX:082-849-4526
    EMAIL:info@aitohus.com
    URL:www.aitohus.com
    Facebook:nishie3869